転換制度って?

| 未分類 |

保険に関する用語には、特殊なものが多々あります。それぞれの用語について、正確な定義を理解しておかないと、保険に加入する場合に、損をしてしまう可能性が出てきます。保険会社に問い合わせて確認することもできますし、インターネットを活用して検索することもできます。大切なことは、用語について理解していないうちに保険の加入を決めないということです。

 

 

たとえば、保険には転換制度という特殊なシステムがあります。転換というのは、現在加入中の保険の貯蓄部分を頭金として充当することで、新しい保険に加入するというものです。基本的に、転換で必要となる価格が解約返戻金よりも高額になるため、加入中の保険を解約して、新しい保険に加入するという方法を採るよりも、保険料の負担を軽減させることができます。

 

 

しかし、問題点が無いというわけではありません。転換をした後の保険の保障内容や保険料などについて、正確な説明を受けていない場合、思っていたよりも得する結果にならなかったり、保障内容が不足していたりするトラブルに見舞われます。保険料の負担が軽くなるという一点だけを見て決めてしまうのではなく、視野を広げて、本当に得なのかを考えるべきです。

ボクシング