自動更新の見直し

| 未分類 |

生命保険の中には、10年ごとに契約が自動的に更新される物があります。家を建てる時に、ろくにローンや金利を検討せしない人はいないでしょう。では、「一生で家の次に高い買い物」と言われるについて無関心でいいのでしょうか。月々の保険金等取るに足らない、という経済状況の人でない限り、生命保険の仕組みに関心を持つ事は自分の生活を守る事にもつながると思います。

 
さて、あなたが加入している保険は「更新型定期特約付き終身保険」でしょうか?と言われても、明確に「イエス」「ノー」のどちらでも答えられる人は多くないのではないでしょうか。生命保険の仕組みは、特約やら何やらで、専門家でないときちんと理解できない程複雑になっています。(故意に生命保険会社がわかりにくくしているのでは、と思いたくなる程です。)おおまかに言うと、これは「終身保険」に「定期保険」という特約が上乗せされた商品で、定期保険の保障額を10年、20年など一定期間ごとに見直せるというものです。最初の保険料は安いのですが、年齢が上がるごとに特約部分は受け取れる額が上がるのに保険金が上がって行きます。自動更新だからといって安穏とせず、担当者ときちんと検討しましょう。

ボウリング02

だからといって、更新の時期が来たら他の保険に慌てて乗り換えようとするのも考えものです。上に挙げた型の保険でなければ、安易な乗り換えは逆に損することがありますので、保険契約時と自分のライフスタイルがどう変化し、これから何が必要かをしっかり考えてみましょう。保険の更新の時期は、これらのことを考える良いきっかけと言えるでしょう。