比例転換とは

| 未分類 |

保険契約の関係では、特殊な用語が多く登場します。たとえば、転換という用語です。保険には多くの種類があって、それぞれに適したものに加入しておく必要があるわけですが、一度加入した保険に、永久に加入し続けるとは限りません。状況の変化などによって、別の保険契約に切り替えたいと考えることがあるのです。

その際、現在加入中の保険を解約して、新しい保険契約を締結するという選択肢もあります。しかし、この方法では保険料の支払い額が大きくなってしまい、損をすることになります。そこで、転換という方法を採るのです。転換は、加入中の保険の貯蓄部分を頭金として、新しい保険に加入し直すことを言います。転換という方法を用いると、保険料の負担を小さくすることができます。

転換には、いくつかの種類があります。その中で、比例転換というものが特に重要です。これは、終身保険と定期保険特約の2つに転換価格を充当するというものです。終身保険・定期保険特約の両方への充当を考えることで、片方だけへの充当をする場合と比較して、有利になるメリットがあります。保険に関しては、終身保険など、数多くの種類があるので、正確に理解しておくことが大切です。観客